マッサージをはじめる前に

マッサージ初心者のあなたに、ぜひ知っておいてほしいと思うことをいくつかご紹介します。

・マッサージは毎日少しずつ行うのがおすすめ

マッサージを行う場合は、1日少しずつでよいので、毎日行うのがおすすめです。
毎日決まった時間に行うことで、無理なく習慣づけやすくなります。
またマッサージとマッサージとの間が長すぎてしまうと、せっかく揉んだ身体がリセットされ、あまり効果が出なくなってしまう可能性もあります。
少しずつ長く続けていくことで、段々と体質が変わってくることでしょう。
なお毎日行う場合は、あまり長時間行うのはおすすめできません。
というのも、長時間行ってしまうと負荷がかかりすぎてしまうかもしれないからです。
本などに載っている専門家の方が作ったマッサージメニューを参考に、自分に合う習慣でのマッサージを行うのがよいでしょう。

・マッサージの基本動作

マッサージを行っていく場合、色々な方法が存在しています。
中には専門の器具などを使う方法もありますが、基本的には自分の手を使った簡単な動作を組み合わせた方法となっています。
例えば『揉む・ほぐす』『押す』『叩く』『つまむ』といったような動作です。
そしてこれらの動作を『手のひら全体で行う』『指先で行う』『げんこつで行う』といったように使用する部位によっても、動作を『どのような速さ・リズムで行うか』『どのような強さで行うか』といったことによっても刺激の種類は変わってきます。
まずは基本的な動作のコツを覚えることで、マッサージの効果は各段に変わるかもしれません。

・刺激を与える強さは、気持ちいいと思えるぐらいに

マッサージを行っていく場合は、押したり揉んだりなど、身体に刺激を与えていく形となります。
この時、あまり強すぎる力での負荷をかけてしまうと、強く押したからといって、そのぶん効果が出るわけではありません。
強すぎる負荷は、かえってケガをしてしまうなどの逆効果につながるケースも少なくないのです。
マッサージの強さの目安は、自分で「気持ちいい」と思えるぐらいです。
「ほんのちょっと痛いかも?」と思っても、「気持ちいい」という感覚が同居しているなら問題ない可能性が高くなります。
ですがケースによりますので、マッサージ初心者の場合は特に、迷ったらやや弱めに力を加えるようにしていくのをおすすめします。